東武アーバンパークライン清水公園駅の清水公園で花散歩!
 こんにちは。oh!さんぽ隊2号のてくてくある子です。
今回下車したのは千葉県野田市の東武野田線清水公園駅。2014年4月から東武野田線は「東武アーバンパークライン」という愛称がつけられ、清水公園駅はホーム改修工事中。東口は住宅地の開発が進められ、今後なにやら賑やかになりそうな駅です。そして、西口にあるのは駅名のとおり「清水公園」「日本さくら名所100選」に選定されているうえ、関東有数のツツジの名所としても有名。さらに700種類の花が咲くフラワーガーデンもあり、季節ごとにさまざまな花を楽しみながら散歩できます。
歩いた日 2015年03月05日
難易度   らくちん
時間 約4時間
歩数 約10000歩
高低 平坦(一部階段あり)
距離 約5.6km
車椅子 ある程度可能
サイクリング ある程度可能
テーマ別の花へ テーマ別の林へ テーマ別の公園へ テーマ別の紅葉へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ



〔01〕〔02〕
 明治27年(1894)、野田醤油(現在のキッコーマン)の創設者一族の一人、茂木柏衛氏が「慈光山 金乗院」から土地を借り、桜を植えて地域の人々に開放したのが清水公園のはじまり。
 当初は一族内で基金(聚楽講)を募って管理していたので、「聚楽園(しゅうらくえん)」という名前でしたが、地名が「清水」だったことから現在の名前に変わったそうです。
〔03〕〔04〕 お散歩アルバム[さあ清水公園へ] [ちょっと腹ごしらえ]
 清水公園駅は、昭和4年(1929)に清水公園の玄関口として開業。駅から公園まで一直線に通りが伸び、両側には公園名物の桜やつつじの木が並んで公園へと導いています。
 通り沿いには売店があり、アメリカンドック、フライドチキン、アイスクリームなどを販売。そば、すし、中華料理店といった飲食店もあり、お腹がすいても心配はいりません。
〔05〕〔06〕
 ん? バス停留所の名前が「野田貝塚」。ここに貝塚が? とまわりを見わたすと、道路脇のいっかくに「千葉県指定史跡 野田貝塚」の案内板。約3500年前の縄文後期、このあたりには海岸が広がり、貝塚からは土器や石器なども発見されたそうです。
 ふと気づくと、案内板の後ろの木の根元に貝殻がたくさん。これは貝塚の貝殻!? まさかねぇ?
〔07〕〔08〕〔09〕
 野田市は利根川と江戸川に挟まれた市。江戸時代は水運の中継地として栄え、原料の入手や製品の出荷に便利だったことから、醤油の産地として発展したといいます。
 清水公園の近くにも川が流れ、自然に恵まれた立地。昭和4年(1929)には「日本の公園の父」といわれた東京大学名誉教授・本多静六博士の設計によって、自然公園へと拡張されました。
〔10〕〔11〕
 自然の緑や起伏をいかして造られた公園は、敷地面積28万平方メートル(東京ドーム6個分)。春に桜が開花すると駅から公園内まで桜色のトンネルが連なり、それはそれは見事だそうです。
 「3月下旬から4月上旬まではさくらまつり、4月中旬から5月上旬まではつつじまつりが開催されますよ」とは公園の方。「お子さんたちにはポニー牧場のほうが人気ですけどね(笑)」。
〔12〕〔13〕
 花を愛でる大人、それから、元気いっぱいの子どもも大満足させる施設がそろう清水公園。
 例えば、乗馬体験や小動物とふれあえる「ポニー牧場」、世界初の噴水迷路+立体迷路が楽しい「アクアベンチャー」、初心者も大興奮の「マス釣り」。さらに「バーベキュー場」「オートキャンプ場」もあり、老若男女が一日中、いえいえ、泊まりがけでたっぷりと遊べるのです。
〔14〕〔15〕 お散歩アルバム[仁王門] [仁王像] [護摩homa]
 と、右手に現れたのは「仁王門」。300年前に建立、平成10年に全面修復され、建てられたときと同じ朱色に塗られたとのこと。しだれ梅と並ぶ姿は絵に描いたような美しさです。
 そして、門をくぐると、応永5年(1398)開山の「慈光山 金乗院」。境内の樹齢約140年の老桜「劫初(ごうしょ)の桜」は、清水公園の桜のなかで一番早く開花するそうです。
〔16〕〔17〕〔18〕
 本堂の前には紅白の梅。「清水開運不動尊」のお堂の前には新芽を吹き出したボタン。静けさと落ち着きが漂う境内で、木や草花たちはしっかりと命を紡いでいるのです。
 上空に枝を伸ばす木々を見上げながら歩いていくと、今度は賑やかな若者たちの歓声。清水公園のもう一つの大人気スポット「フィールドアスレチック」です。
〔19〕〔20〕〔21〕
お散歩アルバム[泳げない方は]
 フィールドアスレチックは「ファミリーコース」「冒険コース」「水上コース」の3コースがあり、国内最大級の規模。水上コースは着替えの服や靴が必須で、寒くなければ挑戦したい!
 丸太が組まれた水上コースを眺め、みんなの挑戦を観るだけでもおもしろそう! と思いながら、敷地面積7万平方メートルのフラワーガーデン「花ファンタジア」へ向かいます。
〔22〕〔23〕〔24〕〔25〕 お散歩アルバム[ひと休みはこちらで] [ボタン・シャクヤク園] [ぼーっと過ごせる]
 花ファンタジアで咲く花は1年を通して約700種類。「イングリッシュガーデン」「ローズガーデン」「ハス・スイレン池」などがあり、花でいっぱいになる季節はすごいだろうなあ。
 「『季節の花畑』には4月はチューリップ、5月はムギナデシコが一面に咲きます。各所に設けられた見晴らし台から眺めてもすばらしいですよ」と地元の方。おー、想像するだけでわくわくします。
〔26〕〔27〕〔28〕〔29〕 お散歩アルバム[黄色い花]
 では、花を探してガーデン内を一周。マンサク、フクジュソウ、ミツマタ、サンシュユ、ミモザ…。この季節は黄色い花が多いんだな。どの花も一生懸命咲いていて、かわいいなあ。
〔30〕〔31〕〔32〕〔33〕 お散歩アルバム[赤い花]
 よし、温室にも! と行ってみると、トケイソウ、マーマレードノキ、パポニア…。ふむ、こちらは赤やオレンジ色の花。見ているだけで幸せな気持ちになり、元気が出てきます。
〔34〕〔35〕〔36〕 お散歩アルバム[梅園]
 花ファンタジアを出て、階段を上ったところに「聚楽館(しゅうらくかん)」。大正時代に建てられ、迎賓館として利用されていたもの。梅の開花中は「梅茶屋」となって縁台が置かれ、甘酒やお汁粉などを味わえます。
 聚楽館の前に1本の大きなシダレザクラ。淡い紅色の花を咲かせるそうですが、目を奪われたのは梅園。紅、白、ピンクの花が眺められるベンチに腰を下ろし、お茶で一服。いや〜春ですねぇ。
〔37〕〔38〕
 清水公園にはもうひとつ歴史的な建物があります。お隣の流山市にあった江戸初期の民家を移築した国指定重要文化財「旧花野井家住宅」です。
 ぜひ観たいと行ってみると、あぁっ!! 門が閉められ、案内板に「時間 午前九時〜午後四時」。時刻を見れば午後4時6分。くー、ひと足遅かった。花を眺めていると、時間がいつの間にかどんどん過ぎていくんだよね。なんか前にもあったなあ、これと同じこと。
はい、こちらです。大師前駅から西新井大師を訪ねて、都市農業公園へ!

インフォメーション
  • 清水公園 入園無料
    「花ファンタジア」は有料。期間によって料金が変わり、大人300〜800円。営業時間は9:00〜17:00(受付は16:00まで)※11月1日〜2月11日は営業時間が変わる。無休
    「ポニー牧場」「アクアベンチャー」「マス釣り」「フィールドアスレチック」「キャンプ&バーベキュー場」も有料。料金・営業時間は施設によって変わる

地図  東武アーバンパークライン清水公園駅の清水公園で花散歩! (PDF、144KB)

このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 



ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム