JR・東武線越生駅から寄り道しながら越生梅林へ観梅さんぽ!
 こんにちは。oh!さんぽ隊2号のてくてくある子です。今回下車したのはJR八高線・東武越生線の越生駅。越生町は「秩父へ向かうにも上州へ向かうにも、尾根や峠を越えなければならないことから“尾根越し”という言葉が生まれ、それが町名に転じたとされた」そうです。この町で目指すのは関東三大梅林の一つに数えられ、例年2月中旬から3月下旬に1000本以上の梅が開花する「越生梅林」。駅で手に入れた「おごせ観光ガイド」を手に町を歩いていくと、これは何かな? と気になるものが次々と現れてついつい寄り道。梅林になかなか到着しませーん!
歩いた日 2014年01月31日
難易度   ほどほど
時間 約4時間
歩数 約11500歩
高低 平坦
距離 約6.0km
車椅子 最適
サイクリング 超最適
テーマ別の花へ テーマ別の街へ テーマ別の林へ テーマ別の公園へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ



〔01〕〔02〕〔03〕
お散歩アルバム[歓迎!] [梅アイス]
 昭和初期の駅舎が今も使われている越生駅を出て、駅前の商店へ。梅のまんじゅうやうどんなどの土産品があり、お店の方が「梅まつりの時期にはもっといろいろなお土産が並びますよ」
 すぐ近くの「越生町観光案内所オーティック」にも土産品がいっぱい。梅干し、ねり梅、梅アイス、健康飲料「元気百梅」(グッドネーミング!)など、さすが梅の収穫量県内第1位です。
〔04〕〔05〕
 「ここから越生梅林まで歩くと約50分です」と教えてもらい、歩き出した交差点に天平10年(738)開創とされる「法恩寺」。源頼朝の命によって再興され、徳川家康から寺領を与えられたという由緒があり、国重要文化財の釈迦三尊像などが伝えられています。
 説明板で山門と鐘楼は正徳4年(1714)に建てられたものと読み、ほお、築300年!
〔06〕〔07〕〔08〕
お散歩アルバム[うまくいく?] [衣料品店]
 法恩寺の2軒隣に医薬飴「一里飴」の製造販売店。一里飴は寛正6年(1465)生誕の医学者・田代三喜が越生梅林でとれた梅の蜜を原料として作ったとされるそうです。店の前には「酒まんじゅう」をせいろで蒸す器具(?)や「梅エキス有ります」の看板。なにやら味があります。
 少し歩いた先の薬局の店頭にはコーワのカエルのマスコット。男性更年期障害の改善薬「金蛇精」の黄色のPOPからも昭和の香りが漂ってきて、懐かしい思いにかられます。
〔09〕〔10〕 お散歩アルバム[土蔵造3階建]
 そして、うわ〜! と見上げたのは3階建ての店蔵。大正4年(1915)に竣工された国登録有形文化財「岡野家住宅店蔵」で、当時は「絹屋」という屋号をもつ長島家が絹織物商を営んでいたといいます。
 越生町は古くから街道の要衝で、市が開かれたことから今市村といわれていました。やがて越生絹と呼ばれる織物が織られるようになり、江戸時代から明治、大正と絹を取り引きする市は大盛況。昭和初期まで絹織物業の町としておおいに栄えました。
〔11〕〔12〕
 おっ、ここも? と見たのは国登録有形文化財「金子家住宅」。安政5年(1858)に生糸の仲買取引の豪商・島野伊右衛門が店舗兼住宅として建築した木造平屋一部2階建てです。
 普段は公開されていませんが、たまたま所有者の金子さんが作業中。「見学できますか」と伺うと快く迎えてくださり、「天井裏から発見された木柱で建築年がわかったんですよ」などと住宅内を案内していただきました。
〔13〕〔14〕〔15〕
お散歩アルバム[土間から台所へ]
 また、土間や座敷の柱や鴨居などには一揆の際のきずが残っていると金子さん。「慶応2年(1866)の『武州一揆』で打ちこわしに遭い、斧や鉈などで斬りつけられたものです」
 へえー! 約150年前に起こったできごとが無数の斬りきずから生々しく想像でき、今ある静けさがうそのようです。
〔16〕〔17〕〔18〕
 「越生には絹織物業の繁栄を今に伝える建物がいくつか残っていますよ」と、金子さんは近所にも案内してくださいました。
 「星野商店は三井呉服店、今の三越の出張所跡です。以前は店舗の脇に商品などを収納するための袖蔵が建つ店が越生にはたくさんあったのですが、今は3軒を残すのみになってしまいました」。


〔19〕〔20〕〔21〕 お散歩アルバム[越生団扇]
 そして、連れていっていただいたのは「うちわ工房しまの」。江戸時代から越生は「越生うちわ」の産地とも知られ、明治初期には年間約42万本を生産していたと記録にあります。
 現在、その伝統を守っているのはこちらの1軒のみで、ご主人の島野さんは5代目。うちわの特徴は扇の下部が横一直線で、柄と直交する形。頑丈で強い風を起こせると、鰻や焼き鳥の店で使われることも多いそうです。
〔22〕〔23〕〔24〕
 越生町役場の背後の山に、大きな白い建物を発見。あれは? と町の方に伺うと「戦没者を弔う『世界無名戦士の墓』です。展望台があって、さいたま新都心まで見渡せますよ」
 その山の斜面には300本のソメイヨシノが4月上旬に咲き揃う「さくらの山公園」。開花時期の土・日曜にはさくら祭りが開催され、夜桜も楽しめるといいます。


〔25〕〔26〕〔27〕〔28〕 お散歩アルバム[つつじ公園]
 町役場を右折し、「ヘルスロード」をてくてく。10数種類1万株のツツジが4月下旬〜5月上旬に見頃を迎える「五大尊つつじ公園」を眺めて、越生町の春はお花見が続いて忙しそうだなあ!
 県道の横断歩道を渡って「あいさつ道路」に入り、橋から越辺川(おっぺがわ)の流れを眺望。道ばたに庚申塔や「聖徳太子」と書かれた石塔が祀られ、心がほのぼのと和みます。




〔29〕〔30〕〔31〕〔32〕 お散歩アルバム[テラス席でパン]
 田んぼの向こうに「パン工房シロクマ」こんがり焼き上がったパンはふっくらおいしそう〜! とたまらずに購入。テラス席でもぐもぐ食べます。
 と、ここで居合わせた方は、越生町の音声ナビガイド付き無料レンタサイクル事業「ナビチャリ」で、音声ナビガイドを開発した会社の方。音声ナビガイドはイヤホンで耳をふさぐことなく聞ける骨伝導方式、現在地がわかるGPS機能付きで、越生町の観光スポット16カ所とおすすめ飲食店の案内を聞きながらまわることができるそうです。
〔33〕〔34〕
 駅前の「越生町観光案内所オーティック」電動アシスト自転車とともに無料レンタルできると聞いて、えー! 自転車借りてこればよかったー!(いやいやoh!さんぽ隊だからお散歩しましょう)
 後悔先に立たず。気持ちを入れかえて越生梅林をめざします。しだいに道沿いのあちこちに梅の木を見られるようになり、目標は近いぞー!
〔35〕〔36〕〔37〕 お散歩アルバム[越生梅林]
 越生の梅は観応元年(1350)、九州太宰府から菅原道真公の霊を分祀したときに梅園神社に植えられたのがはじまりと伝えられています(道真様、前回に引き続きお世話になります)
 到着したのは夕刻。咲いているのはまだ蝋梅だけでしたが、梅林のなかを歩いていくと足元にかわいい福寿草。梅が開花すると色鮮やかな共演を楽しめるでしょう。また、樹齢600年以上と推定される越生野梅の古木も見られ、その枝ぶりや木肌からは長い年月を生き抜いてきた生命力と威厳を感じずにはいられません。


〔38〕〔39〕〔40〕 お散歩アルバム[梅園神社の杉]
 梅園神社へは県道を横断。石造りの小さな太鼓橋を渡ると、拝殿の前に天高く立つ2本の立派な杉の木。その神々しい迫力あふれる姿にすっかり圧倒され、暗くなりかけた境内でぼーっとたたずみます
 さて、帰りは「梅林入口」停留所から越生駅行きのバスで。お土産は「自分のところでとって漬けているから安くできるのよ!」と梅農家の方が販売していた梅干し。さっそく味見すると、果肉が厚くて梅の旨みが濃厚まろやか! 心地よく疲れた身体にじんわり染みわたりました。

インフォメーション
  • 岡野家住宅店蔵
    外部見学のみ
  • 金子家住宅
     見学を希望する場合は、事前に越生町教育委員会(越生町役場/電話049-292-3121)に連絡。年に数回『越生いまいち落語会』も開催しており、座敷で落語を楽しめる
  • うちわ工房しまの
    http://www15.ocn.ne.jp/~utiwas/index.html
    押し花や手ぬぐいなどを貼ったうちわを購入でき、予約すればうちわ貼り体験もできる。講談や落語などの「囲炉裏ライブ」を開催することも。
    電話 049-292-2273
  • 音声ナビガイド付き無料レンタサイクル事業「ナビチャリ」
    越生町観光案内所オーティックで午前9時から午後5時まで(最終貸出時間は午後4時半)、音声ナビガイド付き電動アシスト自転車10台を貸し出し。
    事業期間は2014年3月25日まで
  • 越生梅林 梅まつり
    2014年は2月22日(土)〜3月23日(日)/入園料:中学生以上200円
    期間中の土・日曜は獅子舞、和太鼓、ミニSLなどさまざまなイベントを実施
    【訂正】梅まつりの期間は2014年3月1日(土)〜3月23日(日)に変更になりました。

地図  JR・東武線越生駅から寄り道しながら越生梅林へ観梅さんぽ! (PDF、140KB)

このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © 2014 TOKINOARCH , オフィスおさんぽ , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム