六本木から恵比寿、美術館めぐり
 こんにちは!、Yuri*2です。 今回は、久しぶりに都会のウォーキング、地下鉄の六本木駅からスタートし、麻布、広尾とめぐって恵比寿駅を目指します。 途中で国立新美術館東京都写真美術館に立ち寄って、心に栄養を注入! 

 所要時間、歩数、距離には、美術館の立ち寄り分は含んでいません。
歩いた日 2011年01月14日
難儀さ   らくちん
時間 約2時間
歩数 9100歩
高低 やや高低あり
距離 約6.5km
車椅子 ある程度可能
サイクリング 最適
テーマ別の街へ テーマ別の公園へ

車椅子の場合のご注意坂の多いエリアのため、クルマ移動がオススメです。
ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


〔01〕
 地下鉄日比谷線、大江戸線の六本木駅から歩き始めます。
 駅から徒歩10分ほど、国立新美術館です。美術館自体のコレクションは無く、企画展や公募展を中心にした運営が特徴です。
〔02〕
 再び六本木駅前を通過して、東京タワーが見える外苑東通りの坂を下っていきます。六本木5丁目の交差点を右、鳥居坂を下ります。
〔03〕〔04〕
 鳥居坂周辺は古い洋館が多く、左写真はその中のひとつ、東洋英和女学院高校です。そして、右写真はブルーマンシアター。新旧が坂道に並んでます。
〔05〕〔06〕 お散歩アルバム[オブジェ]
 鳥居坂を下りきって、麻布十番の街です。
 歩道には、ところどころにオブジェが。左写真は「SMILE ON THE FOOT OF THE LADDER(はしごの上で微笑んで)」、右写真は「SUN SMILE(太陽の微笑)」。オブジェを探しながら歩くのも楽しい!
〔07〕〔08〕 お散歩アルバム[きみちゃん像]
 バスツアーの皆さん、何かを囲んでいます。何でしょう?
 「きみちゃん」像ですね。♪赤い靴、履いてた女の子〜 (野口雨情作詞) この歌詞のもととなった岩崎きみちゃん、鳥居坂教会の孤児院で亡くなりました。詳しくはこちら、麻布十番商店街のサイトをご覧ください。
〔09〕
 坂を上り下りしながら、仙台坂を進むと、野球場前に面白いオブジェを発見。ケヤキのモニュメントです。 街路樹として長く愛されたケヤキ、その枯れ木を用いた作品、「風の吹くところ」です。
〔10〕〔11〕 お散歩アルバム[有栖川宮記念公園]
 ようやく有栖川宮記念公園に着きました。都会の真ん中なのに、木漏れ日と水の流れのある貴重な場所! 散歩はもちろん、スケッチをしている人も。
〔12〕
 公園を抜けると広尾の駅前です。写真は、商店街(広尾散歩通り)の街灯。ハナミズキの通りです。
 渋谷川を渡り、恵比寿駅方向へ進みます。
〔13〕
 恵比寿ガーデンプレイスの外周を進むと、恵比寿神社がありました。明治26年、日本麦酒醸造会社(現サッポロビール株式会社)が商売繁盛を願って勧請、工場内にお祀りしたことが始まりだとか。
〔14〕
 恵比寿ガーデンプレイスに到着! お散歩隊は東京都写真美術館に立ち寄ります。写真と映像を専門とする世界でも数少ない美術館で、常時、複数の企画展を行っています。

インフォメーション (インフォメーション)
美術館へのリンク
 国立新美術館
 東京都写真美術館

地図 六本木から恵比寿、美術館めぐり (PDF、300KB)

このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ

<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © 2011 TOKINOARCH , Yuri*2 , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム