東京駅から皇居周辺を歩き、冬のイルミネーションを鑑賞!
 こんにちは。oh!さんぽ隊2号のてくてくある子です。今回は“花の大東京”の中心も中心である東京駅から皇居周辺を散策。江戸時代にやはり日本の中心であった江戸城天守閣が建ち、「表」(儀式や行事、役人が執務を行う場)、「中奥」(将軍が生活し、政務を執る場)、「大奥」(正室や子女が生活する場)の建物が並んでいた本丸二の丸三の丸の一部は現在、「皇居東御苑」として一般公開されています。
 当時の建物はほとんど残っていないものの、大都会の真ん中にあるとは思えないような自然がたっぷりの場所。お濠には白鳥の姿もありました。
歩いた日 2010年12月08日
難儀さ   ほどほど
時間 約4時間30分
歩数 約16000歩
高低 一部高低あり
距離 約8.5km
車椅子 十分可能
サイクリング 一部可能
テーマ別の花へ テーマ別の街へ テーマ別の公園へ テーマ別の紅葉へ

関連記事
東京駅構内から丸の内口を経由して八重洲地下街へ! その1
東京駅から銀座めぐり

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


〔01〕
 東京駅丸の内口の赤レンガ造りの駅舎は、明治末期〜大正初期に建てられた国の重要文化財
 2007年から始まった駅舎保存・復原工事はいまも進行中で、2011年度末の竣工予定時には駅施設やホテルが拡張され、戦災で焼失した屋根や外壁などが再現されるそうです。
〔02〕〔03〕お散歩アルバム[赤レンガ造り+高層ビル]
 東京駅を背に丸の内のビル群を抜けていくと、「皇居外苑」
 「和田倉濠」に沿って「和田倉橋」へ向かい、日比谷通りを挟んだところに赤レンガ造りの建物を見つけ……と思いきや、その上に高層ビルがどどーん! おもしろい景観だなあ。
〔04〕〔05〕お散歩アルバム[白鳥]
 「和田倉噴水公園」は噴水照明工事のため、あいにく噴水休止中。10日間ほどで再開のようで、工事の方々がもくもくと作業に取り組んでいます。  さて今度は「桔梗濠」に沿って「大手門」へ。「最近、カモメが多いんですよね」と守衛の方が言うとおり、濠には白いカモメの群れ。なんと白鳥も2羽、優雅に羽を休めています。


〔06〕〔07〕〔08〕
 大手門の発券所で「入園票」を受け取り、「皇居東御苑」にお邪魔しまーす。おぉっと、先ほどまでの“コンクリートジャングル”から一変。視界いっぱいに緑が広がり、背筋がピンッと伸びるような静寂に包まれます。
 右手に現れたのは「三の丸尚蔵館」。皇室に受け継がれた美術工芸品を展示公開しており、定期的に展覧会の内容が変わるようです(さんぽ当日は「近代の洋画家、創作の眼差し」展を開催)。
〔09〕お散歩アルバム[百人番所]
 江戸城の天守閣は慶長12年(1607)に完成。寛永15年(1638)の大修築を経て、明暦3年(1657)の「明暦の大火(振り袖火事)」により焼失。城内にあった建物も度重なる火災や大正12年(1923)の関東大震災、昭和20年(1945)の空襲によって、ほとんどがなくなってしまいました。
 「同心番所(左写真)」「百人番所」「大番所」は残り少ない現存する建物。どれも折り目正しく、揺るぎない威厳を放つ姿です。
〔10〕〔11〕お散歩アルバム[雑木林] [コイ]
 二の丸跡へ進むと、ここは東京の中心か!? と自分の目を疑いたくなるような野趣あふれる「二の丸雑木林」
 そして、雑木林の先は「二の丸庭園」。もとは小堀遠州が造ったといわれ、江戸期の絵図面を参考に復原した池泉回遊式庭園です。
〔12〕〔13〕お散歩アルバム[緑+高層ビル]
 海を眺めることができたという「汐見坂」を上り、本丸跡へ。かつて本丸御殿の「表」「中奥」「大奥」があった場所は広大な芝生広場となっています。
 細い坂道の上は「展望台」。東京駅方面から竹橋方面まで、緑を足下に高層ビルが林立する風景が眺められ、この場所が都会のオアシスであることを改めて実感します。
〔14〕〔15〕お散歩アルバム[芝生広場のまわり]
 芝生広場のまわりを歩き、ふと見つけたのは「松之大廊下跡」の碑。わあ、ここが『忠臣蔵』の刃傷事件が起こった現場かー!
 天守閣が建っていた「天守台」へ行き、「江戸城本丸御殿の図」の説明板で確認すると、確かにあの場所は「大広間」から「白書院」へ通じる「松の大廊下」んー、歴史がぐぐっと身近に感じられるなあ。
〔16〕〔17〕お散歩アルバム[石垣]
 天守台の上で北の丸公園に建つ「日本武道館」、遠く建物の上にちょこんと顔を出す「スカイツリー」を眺めた後、「北桔橋門」から外へ。
 「北桔橋」を渡って代官町通りに進み、首都高速道路都心環状線の向こうに国重要文化財「東京国立近代美術館工芸館」を見ます。この建造物は明治43年(1910)築、かつては「旧近衛師団司令部庁舎」でした。
〔18〕〔19〕お散歩アルバム[桜田濠]
 「半蔵濠」に沿って「千鳥ヶ淵公園」を行くと、桜の枝にきゅっとまだまだ固いつぼみ。
 内堀通りのあちら側には「イギリス大使館」「桜田濠」に沿ったユリノキ並木で見えてきたのは「国会議事堂」。季節を感じる自然に触れて、歴史を感じる建造物に触れて、盛りだくさんな散策コースです。
〔20〕〔21〕〔22〕
 国会議事堂といえば、正面右手を洋式庭園、左手を和式庭園とする「国会前庭」があります。
 皇居東御苑と同じく、都心とは思えない静けさに満ちた場所。和式庭園の池を眺めながらぼーっとしたいところでしたが、冬は日が短い! 桜田門をくぐるころにはあたりが真っ暗になってしまいました。

〔23〕〔24〕お散歩アルバム[夜景]
 皇居外苑から丸の内方面を見ると、ビル群の夜景がキャーッ、きれい!
 さらにこの季節は丸の内仲通りで約85万球のLEDが街路樹を彩り、お目々がキラッキラになります。12月下旬には和田倉噴水公園、日比谷濠・馬場先濠・和田倉濠、丸ビル・新丸ビル間にて、「光都東京・LIGHTOPIA」も開催。ますますキラキラピカピカな冬のイルミネーションを楽しめます。

インフォメーション (インフォメーション)
  • 皇居東御苑
     11〜2月は9:00〜16:00(入苑は〜15:30)※時季によって異なる
     月・金曜(天皇誕生日以外の祝日は開苑、月曜が祝日の場合は火曜休)、年末年始、行事実施日など休
     入苑無料

(イベント情報)
  • 丸の内仲通りの「丸の内イルミネーション2010」は11月中旬〜2月中旬開催
  • 「光都東京・LIGHTOPIA2010」は12月21日〜29日開催

地図  東京駅から皇居周辺を歩き、冬のイルミネーションを鑑賞! (PDF、194KB)

このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ

<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © 2010 TOKINOARCH , オフィスおさんぽ , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム