東向島駅から向島百花園、隅田川テラスを経て、東京スカイツリーへ!
 こんにちは。oh!さんぽ隊2号のてくてくある子です。今回は東京都墨田区東武伊勢崎線東向島駅から散歩に出発!
 東向島は路地が縦横無尽に伸び、東京下町の昔ながらの風情が漂うところ。くねりくねった細い路地を行くと、木造家屋の屋根の上にひょっこりと顔をのぞかせるのは東京スカイツリー! 川風に吹かれながら隅田川沿いを行くと、高速道路の向こうにぴょこんと顔を出すのは東京スカイツリー! 2年前にはなかった風景が街の表情を少しずつ変化させています。
歩いた日 2010年09月17日
難儀さ   らくちん
時間 約2時間30分
歩数 約8,500歩
高低 平坦
距離 約4.7km
車椅子 十分可能
サイクリング 可能
テーマ別の花へ テーマ別の街へ テーマ別の川へ テーマ別の紅葉へ
関連記事
東銀座から隅田川テラス、月島、築地を経て浜離宮恩賜庭園へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


〔01〕
東武伊勢崎線の車窓に現れる東京スカイツリー。初めてその姿を目にしたとき、だれもがその圧倒的な存在に驚きます。
東向島駅の構内に貼られたポスターには「9月11日現在の高さ461m ついに400mを超えました!」。2012年春には高さ634mの世界一高いタワーが完成する予定です。
〔02〕
東京スカイツリーの建設現場は、東向島駅から2つお隣の業平橋駅前。
だったら業平橋駅に下車して、早いところ近くから見上げたいものですが、あわてないあわてない。まずは東向島駅から徒歩約8分の「向島百花園」へ。毎年9月中旬〜10月上旬に「萩まつり」が行われているのです。
〔03〕お散歩アルバム[東向島]
さぁ、東向島駅の改札を抜けたら右手のファーストフード店とコンビニがある通りを右へ進みましょう。 ここはなんだ? と足を止めたのは「東武博物館」。実物車両の展示や電車の運転シミュレーションなどを楽しめ、鉄道好きや子どもたちにとって大興奮まちがいなしの博物館です。
〔04〕〔05〕お散歩アルバム[特急けごん] [調整弁]
なんと外にも、昭和35年〜平成3年に浅草〜東武日光・鬼怒川を走っていた「特急けごん」、昭和29〜43年に日光を走っていた「日光軌道線」の車両が!
人々が行き交う通りにどしんと置かれた大きな電車。初めて見た人にはびっくりです。
〔06〕〔07〕
つきあたりを右折し、明治通りを横断。おや? どこからか太鼓の音。目をこらすと、あちらからリヤカーを引いてくる人がいます。
リヤカーの主は東向島のきびだんご専門店「吉備子屋」さん。桃太郎に登場する、あのきびだんごの茹でたてほやほやを移動販売しているのです。
〔08〕〔09〕お散歩アルバム[オミナエシ]
「向島百花園」文化・文政期(1804〜1830)、草花鑑賞のために開園。現代に唯一残る江戸時代の花園で、国指定の名勝・史跡です。
万葉集や詩経で詠まれている植物を多く集め、春はフジ、夏はアオイ、秋はハギ、冬はウメなど四季折々に花が咲きます。
〔10〕お散歩アルバム[百花園からの展望]
棚に何本もぶら下がっているのは「ヘビウリ」。まさにヘビのようなくねっぷりで、「こういうのは初めて見たわねぇ〜」と口々に女性グループが見上げています。
カメラの男性が撮影しているのは? とレンズの先を追うと、おぉ、東京スカイツリー! 百花園にも展望スポットがあるとは知りませんでした。
〔11〕お散歩アルバム[日本橋石柱]
百花園では毎年1月に「春の七草」、7月下旬〜8月上旬に「大輪朝顔展」、8月下旬に「虫ききの会」といった催し物が行われ、訪れた日は「萩まつり」の真っ只中
しかし、全長30mのハギのトンネルには花が少ししか咲いていません。「暑かったのと雨が少なかったのが原因かわからないのですが、開花が遅れています」と百花園の方。うあー残念。
〔12〕お散歩アルバム[手水舎]
立て看板「周辺のご案内」を見て、白髭神社へ。隅田川に沿って3.5〜4kmを歩く「隅田川七福神めぐり」の寿老神がまつられている神社です。
「かつてこのへんは寺島村といい、江戸時代には水田が広がっていた。隅田川上流から運ばれてくる肥沃な土のおかげでナス作りも盛んで、寺島ナスと呼ばれていた」と境内の看板。へぇ〜、ナスかぁ〜。
〔13〕〔14〕お散歩アルバム[猫]
墨堤通りを横断し、頭上に首都高速6号向島線が走る隅田川沿いの道を進みます。
途中、階段を下って川岸の道「隅田川テラス」を行き、「言問団子桟橋」の階段を上ると、左手に「言問団子」、右手に「長命寺桜もち」のお店。そう、このあたりには吉備子屋も含め、有名な和菓子屋さんが何軒もあるのです。途中でおやつにするにも帰りにお土産にするにも、どれを選ぶか迷ってしまうほどです。
〔15〕〔16〕〔17〕
お散歩アルバム[隅田川]
右手に歩行者専用橋「桜橋」を見ながら、再び隅田川テラス。
真っ青な秋空が高くどこまでも広がっていて、気持ちいい〜! と言問橋付近で天を仰ぐと、いつの間にか東京スカイツリーがすぐそこに! ということで、言問通りを通って業平橋駅へ急ぎます。
〔18〕
近くまで来ると目の前の建物に視界を遮られるため、どこにあるのか意外とわからなくなる東京スカイツリー。
団地のあいだを抜けたところに「←見学広場」の文字を見つけて、←の方へ向かうと、東武伊勢崎線ごしに東京スカイツリーを発見! あまりの高さに自分の眼のフレームに入りきらず、首をぐいぐいのけぞらせて、思わずひっくり返ってしまいそうです。
〔19〕〔20〕お散歩アルバム[建設現場]
仕事途中のサラリーマン、バスツアーのお母さんたち、自転車ツーリングの青年、女の子の仲良しグループ、散歩に出てきた近所のお父さん、若いカップルなどありとあらゆる人が首をのけぞらせて、カメラや携帯でカシャッカシャッカシャッ。
東京スカイツリーが完成した姿は完成後にいくらでも見られるけれど、日々高く成長していく建設中の姿は、いましか見られないですものねぇ。
〔21〕
見学広場には東京スカイツリーの建設記録とともに記念写真が撮れる撮影機(自動証明写真撮影機と同型)。業平橋駅前には地上450mの眺望をパネルで紹介する「東京スカイツリーインフォプラザ」
周辺の飲食店では東京スカイツリーをモチーフにした料理やスイーツを提供、業平橋・押上商店街ではPRキャラクター「おしなりくん」グッズを販売などなどと、街は東京スカイツリーで一色! おおいに盛り上がっているのです。
〔22〕
そして、いまいちばんの人気の展望ポイントは、業平橋駅から浅草通りを東へ向かった十間橋。北十間川の水面に「逆さスカイツリー」が美しく映ります。

インフォメーション
  • 東京スカイツリーの建設現場は都営浅草線・京成押上線・東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線押上駅にも隣接
  • 向島百花園 9:00〜17:00(入園は〜16:30) 入園料一般150円
  • 東京スカイツリーインフォプラザ 10:00〜17:00 日・月曜・祝休 個人見学無料



(関連コース)
 東銀座から隅田川テラス、月島、築地を経て浜離宮恩賜庭園へ

隊員サイト www.オフィスおさんぽ(てくてくある子)

地図  東向島駅から向島百花園、隅田川テラスを経て、東京スカイツリーへ!
  (PDF、183KB)

このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ

<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © 2010 TOKINOARCH , オフィスおさんぽ , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム