元加治駅から円照寺、あけぼの子どもの森公園へ
 こんにちは。oh!さんぽ隊2号のてくてくある子です。今回は埼玉県南西部入間市と飯能市にまたがる元加治駅へ。池袋から西武池袋線の急行約45分と都心からそれほど遠く離れていないにもかかわらず、周囲の丘陵に緑豊かな森林が広がり、自然にとっても恵まれたところ。電車を降りたとたん、さわやかな風と鳥の鳴き声に包まれます。
 元加治駅から歩いてすぐの場所には国指定重要文化財の板碑を宝物とする「円照寺」、一級河川の入間川のそばには、あの北欧童話をモチーフとしたステキな公園が待っていました!
歩いた日 2010年07月08日
難儀さ   らくちん
時間 約3時間
歩数 約10,000歩
高低 平坦
距離 約4.5km
車椅子 可能
サイクリング 可能
テーマ別の花へ テーマ別の街へ テーマ別の林へ テーマ別の森へ テーマ別の公園へ テーマ別の山へ テーマ別の紅葉へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


〔01〕
元加治駅「駿河台大学」の最寄り駅。ホームに降り立つと、大学行きのバスステーション、遠くに大学校舎が建っているのが眺められます。
〔02〕〔03〕〔04〕
数年前まで無人駅だったという元加治駅の駅前広場は、ほのぼのとした雰囲気。
右手に進んだ通りには食料品店や薬局など数軒のお店が並び、店頭に焼だんご、うどん、おにぎり、たこ焼、かき氷の文字が躍る和菓子店「いろり茶屋」が気になるなぁ……。

〔05〕
つきあたりを右折。踏切を越えた先に「円照寺」の白壁の塀が見えます。
円照寺は元久2年(1205)建立。地元の豪族である加治家の菩提寺として栄え、建長6年(1254)をはじめとする一族の供養板碑が国の重要文化財に指定されています。
〔06〕〔07〕お散歩アルバム[円照寺の池] [円照寺の流れ]
境内は清らかな水が流れこむ池が美しく、夏期はスイレンやコウホネが開花。葉と葉のあいだをコイが悠々と泳ぐさまは風情たっぷりで、いつまでも見飽きません。
「武蔵野三十三観音霊場」の札所22番の寺院でもあり、ちょうど「西武線で行く──武蔵野観音めぐり 開創70周年総開帳」を催行中。本堂前の回向柱に五色の紐が結わえてあります。
〔08〕お散歩アルバム[上橋の大ケヤキ]
円照寺を後にすると、すぐに入間川全長80.34メートルの「上橋」が架かっています。
橋のたもとには大ケヤキが並び、自然豊かな町を象徴しているかのようです。
〔09〕お散歩アルバム[入間川橋梁]
上橋は真ん中あたりの歩道が広がっていて、ベンチが数台。ゆっくりと座って川を眺められます。
西武池袋線の電車が「入間川橋梁」を渡っていくのを目で追えば、その手前になにやらレンガ造りの橋脚カッコイイ鉄橋を発見! 昭和44年(1969)の複線化の際まで利用され、いまも残されている「旧入間川橋梁」です。
〔10〕〔11〕お散歩アルバム[旧入間川橋梁] [錆びた橋桁]
旧入間川橋梁の端っこはどうなっているのだろう? と入間川沿いの道を行くと、頭上1.6メートル(!)茶色く錆びた橋桁。レールは取り払われ、旧橋梁の先は住宅街。が、鉄橋を見渡せば橋脚も橋桁もやる気満々の屈強な姿で、いまにもあちらから列車が走ってきそうです。
〔12〕〔13〕
上橋を渡り、県道195号の交差点を右折。やがて左手に野球場、そして「カインズホーム」の手前に「市民体育館 市民球場 ホッケー場 あけぼの子どもの森公園 入口」の看板を見つけます。
「ホッケーのまち 飯能」と書かれた横断幕をへぇ〜と眺めながら、駐車場の奥へ。土産品や飲食物を販売する「あけぼの森の店」の前から、「あけぼの子どもの森公園」へのゆるい坂道を上ります。
〔14〕お散歩アルバム[ムーミンの世界]
と、ひょっこり現れるのは、屋根に草を生やしたキノコのような形の家!?
この公園はフィンランドの作家トーベ・ヤンソン作の童話「ムーミン」の世界をイメージ。丘陵に池や小川がレイアウトされた自然のなかに「ムーミン屋敷」「ムーミン橋」「水あび小屋」などが造られ、本やアニメで見たお話の風景が目の前に広がっているのです!
〔15〕
さらに、ムーミン屋敷は建物内も自由に見学でき、暖炉がある広間のソファでくつろいだり、扉や窓がいっぱいの迷路のような小部屋を探険したり、楽しい〜!
ムーミンに関する資料を展示した「森の家」(写真)は2階が図書室。本を読みながら窓の外に視線を向ければ、森の緑がきらきらと揺れて、気分はどっぷり童話の中の主人公です。
〔16〕お散歩アルバム[ムーミンのニョロニョロ]
また、公園を歩いているとトノサマバッタ、ショウリョウバッタ、ハグロトンボと、最近あまり見られなくなった虫たちに出会えて、驚き!
公園事務所が入る「子ども劇場」では週末などに子ども向けの昔あそびや工作、コンサートといったイベントが開催され、大人も子どもも大コーフンの公園なのでした。
〔17〕お散歩アルバム[入間川の遊歩道]
さて、帰りは県道を挟んで反対側「阿須運動公園」へ。大型遊具広場、水遊び場、芝生広場などがあり、入間川に沿って遊歩道が続いています。
川べりの道は水が流れる音が耳に涼しく、風が気持ちいい。草の香りが鼻にくすぐったくて、虫の声が心にやさしく染み入ります。 川の向こうには入道雲。子どものころの暑い夏の日の記憶がふとよみがえります。
〔18〕〔19〕
元加治駅へ戻る道で立ち寄ったのは「いろり茶屋」。かき氷も惹かれるけれど、注文したのは自家製の赤じそジュース。赤い毛氈の縁台に座り、氷をカランと響かせて一口。しそのすっきりとした甘酸っぱさが喉をじわ〜っとうるおし、ふぅ〜っと渇きと疲れを吹き飛ばしてくれます。
店頭で泳ぐ金魚をしばし愛でたら、今度はお土産選び。いろり茶屋の名物手作り和菓子「ごま豆腐まんじゅう」「飯能バナナ」を買って帰りました(どちらの和菓子も新食感!! 甘さ控えめでおいしかった!)。

インフォメーション ■ 円照寺 武蔵野観音めぐり開創70周年総開帳 平成22年3月18日〜11月18日
■ あけぼの子どもの森公園 9:00〜17:00 月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始休 無料

隊員サイト www.オフィスおさんぽ(てくてくある子)

地図  元加治駅から円照寺、あけぼの子どもの森公園へ (PDF、107KB)

このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ

<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © 2010 TOKINOARCH , オフィスおさんぽ , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム