大倉山駅から大倉山公園、熊野神社市民の森へ
 こんにちは。oh!さんぽ隊2号のてくてくある子です。今回は神奈川県横浜市港北区の東急東横線大倉山駅に下車。駅から歩いてすぐの大倉山公園へ向かいました。
 大倉山公園には、昭和7年(1932)に建築された「大倉精神文化研究所」の本館を改修した「大倉山記念館」が建っています。ギリシャの建築様式を用いた建物で、その姿はまるでギリシャ神殿! 威風堂々として、神々しさを感じずにはいられない迫力があります。
 公園の展望広場梅林を歩いた後は、自然の森がそのまま残された「熊野神社市民の森」へ。陽ざしが強い日の散歩は公園や森の緑の道を行くのがいちばんです!
歩いた日 2010年06月17日
難儀さ   ほどほど
時間 約3時間
歩数 約10,000歩
高低 高低あり
距離 約5.3km
車椅子 不向き
サイクリング ある程度可能
テーマ別の花へ テーマ別の林へ テーマ別の森へ テーマ別の公園へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


〔01〕
大倉山駅を出ると、東西に商店街が続いています。東側は「レモンロード商店街」、西側は「エルム通商店街」です。
〔02〕〔03〕お散歩アルバム[商店街の花]
エルム通商店街には重厚な白い壁と太い円柱のギリシャ神殿風の建物が並んでいます。これは商店街活性化のために街並みを整備した際、大倉山のシンボルである大倉山記念館の建築様式をモチーフとして統一して建てられたもの。
電柱が無いおかげで広く感じる青空、まぶしく輝く白亜の建物、歩道に飾られた色鮮やかな花が、ギリシャの明るく瀟洒な風景を思わせ、ぶらぶらと歩くだけで清々しい気持ちになります。
〔04〕〔05〕
エルム通商店街の入口から伸びる坂道には翼のオブジェ。「不滅の飛翔」と題され、ギリシャ・アテネ市と姉妹提携を結んだことを記念したものです。
坂道を上ると住宅街。大倉山梅酒「梅の薫」を販売する酒店、落ち着いた雰囲気の和食店があり、寄り道したくなります。
〔06〕〔07〕
額から汗がにじんできたころ、「大倉山公園」に到着。木陰に入って、ほっと息をつきます。 陽ざしが強い日の散歩は、公園や森の緑が連なる道がなんともありがたいものです。
〔08〕お散歩アルバム[記念館前広場の緑]
階段を上り、木々のあいだに見えてくるのは大倉山記念館もとは実業家・大倉邦彦が大倉精神文化研究所の本館として建てたもので、格調高い銀行建築を手がけていた建築家・長野宇平治がギリシャ建築様式を取り入れて設計。 各分野の研究者が集まり、学術研究を行う施設として利用されていました。
〔09〕
現在、館内には哲学・宗教・歴史などの専門書や一般書がそろう大倉精神文化研究所図書館、ホール、集会室、ギャラリーがあり、一般開放されているので、ちょっとお邪魔しまーす
ひんやりとした空気に包まれると同時に、エントランスホールの天井と大階段に施された彫刻や独特の意匠に目を奪われ、別世界に入り込んでしまったかのような感覚に陥ります。
〔10〕お散歩アルバム[公園の緑の道]
建物の迫力に圧倒されたまま、展望広場へ。「東かわさき 西はらまちだ 南よこはま 北みぞのくち」と書かれた方角盤を見つけて、その方向を眺めてみました。が、あら残念、木々が眺望を遮っています。
〔11〕〔12〕お散歩アルバム[梅林に咲く花]
しっとりとした緑の中を歩いていくと、昭和6年(1931)に初めて公開されたという大倉山梅林。最盛期の昭和12年(1937)ごろには白梅など1000本以上が植えられ、一大梅林として有名だったといいます。
後に大倉精神文化研究所の敷地と合わせて大倉山公園の一部となり、現在は32種200本が2月中旬〜3月上旬に開花。梅の実をつけた木からは甘〜い香りが漂っていました。
〔13〕
「大倉山は坂が多い住宅街で通勤や買い物にはたいへんだけど、自然が豊かなのがよいところですよ」と、近所の女性。
緑の中の散歩を続けるべく、自然の森をそのまま残して整備された「熊野神社市民の森」への道順を教わります。
〔14〕
大倉山駅に戻りレモンロード商店街の先の大倉山交差点を左折して綱島街道へ。
熊野神社入口交差点を右折すると、やがて右側に「いの池」、左側に「師岡熊野神社」の石段が現れます。
〔15〕お散歩アルバム[ザリガニ]
「いの池」はかつて潅漑用に利用されていたと思われる溜池。名前のとおり「い」の形をしていて、弁天様がまつられています。
「い・の・ちの池」の1つで、「のの池」は師岡熊野神社の本殿の奥にあり、「ちの池」は残念ながら埋め立てられてしまったそうです。
〔16〕お散歩アルバム[のの池]
師岡熊野神社は神亀元年(724)に創建。毎年1月にその年の吉凶を占う「筒粥神事」は、天暦3年(949)から現在まで絶えることなく続けられ、1000回以上を数えます。
「関東随一の大霊験所」といわれ、パワースポットとしても知られているとか!
〔17〕お散歩アルバム[サッカー絵馬]
また、神紋が三本足の烏「八咫烏(ヤタガラス)」で、日韓ワールドカップのメイン会場となった日産スタジアムの守り神でもあるため、日本サッカー協会公認のエンブレムを用いた御守や絵馬を頒布。多くのサッカー関係者やファンが訪れるそうです。
〔18〕〔19〕
熊野神社市民の森「熊野神社の森」「天神山の森」からなります。
天神山の森へは来た道をさらに進んで、道案内の標識「←市民の森」を左折。その先の三叉路を右へ入っていきます。
〔20〕〔21〕〔22〕
お散歩アルバム [広場]
[ウメエダシャク]
住宅の奥に森への階段が伸びており、左は「見晴台休憩所」へ、右は「天神平広場」へ。散策路をゆっくりと歩き、森が放つ緑の香りを胸いっぱいに吸い込みます。
突然ぽっかりと開けた天神平広場にはチョウやガがひらひらひらひらといっぱい。まるで楽園のようで、再び別世界に入り込んだような感覚に陥ります。
〔23〕〔24〕
標識「杉山神社休憩所→」に従って階段を下りていくと杉山神社。お堂の前で手を合わせたときには、緑に身も心も洗われて、すっかり清らかになった気分。
樽町中学校の先の交差点を左折し、「樽町停留所」から綱島駅行きのバスに乗って、意気揚々と帰りました。

インフォメーション ■ 大倉山記念館 水曜コンサートをホールにて開催 有料 予約優先
■ 師岡熊野神社 7月1〜7日に七夕祭、7月土用丑の日に病災除け神事など、1年をとおしてさまざまな祭儀あり

隊員サイト www.オフィスおさんぽ(てくてくある子)

地図  大倉山駅から大倉山公園、熊野神社市民の森へ (PDF、150KB)

このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ

<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © 2010 TOKINOARCH , オフィスおさんぽ , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム