真鶴半島一周
JR東海道線の真鶴駅から歩き、真鶴半島を一周して、この駅に戻ってきます。
往きは半島の尾根にあたる舗装路を進みます。途中から遊歩道に入り、半島の突端、三ツ石海岸へ。真夏の日差しが強い日でしたが、海まで出れば気持ちのいい風が。
帰りは、魚屋が多く賑やかな海沿いの道をたどって駅に戻ります。
歩いた日 2008年08月03日
難儀さ   ほどほど
時間 約3時間
歩数 約15,500歩
高低 高低あり
距離 約9.4Km
車椅子 不向き
サイクリング 不向き
テーマ別の林へ テーマ別の公園へ テーマ別の海へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


    〔01〕〔02〕
JR東海道線の真鶴駅から出発。
駅から約200mほどで、左写真のような分かれ道。左は海沿い、右は半島の上部、尾根にあたる道です。今回は右の道へ。
右写真のように、途中で真鶴港が眺められるところも。
  〔04〕〔05〕〔06〕 駅から40分ほどで、お林展望公園に到着しました。  お散歩アルバム[花]
   
  〔08〕
公園の隣には中川一政美術館があります。
この真鶴にアトリエを構え、多くの作品を制作したそうです。
    〔09〕〔10〕
番場浦遊歩道の入り口です。(右の細い道)
遊歩道のすぐ下は海。明るい日差しの下、木漏れ日を浴びながら進みましょう。
    〔11〕〔12〕
やがて海岸も見えてきます。
    〔13〕〔14〕
ごろごろとした岩の多い海岸に沿って、コンクリートの道が続きます。
さすがに今日は磯遊びの人が多いですね。
    〔15〕〔16〕
海を眺めながら歩いていると、やがて三ツ石海岸につきます。
  〔17〕
三ツ石海岸から階段を登り、ケープ真鶴に到着。
駅を出てから、約1時間40分、歩数9,000歩でした。
疲れたらここでエスケープ、駅までのバスがあります。
  〔18〕 お散歩アルバム[ケープ真鶴で]
ケープ真鶴の前の木陰で。立派なシマシマ尻尾ですね。
    〔19〕〔20〕
さて、お散歩隊はバスには乗らず、海岸沿いの道を目指します。
  〔21〕
ケープ真鶴から約50分、貴船神社です。
889年(寛平元年)創建の古社。7月下旬の貴船まつりは日本三船祭りのひとつ。
  〔22〕
お昼をいただこう、という計画なら色々と有名店がございます。そのうちのひとつ、魚座はこちら。
    〔23〕〔24〕
1180年(治承4年)、石橋山の戦に敗れた源頼朝が追っ手から逃れた岩窟。追ってが中を覗き込もうとしたとき、鳥の鵐(しとど)が飛び出したとか。それにちなんで鵐窟と呼ばれています。
右写真は、同じ敷地内にある品川台場礎石の碑。品川の台場は海の防衛用の施設で、その礎石に真鶴産の石を使ったのだとか。採石の苦労を偲んで、品川台場にあった礎石をここに移したものです。
  〔25〕
真鶴港
あとは道なりに駅を目指していきましょう。
駅に到着して、今日のお散歩はおしまい。15,500歩、3時間のお散歩でした。

インフォメーション   おまけの写真をおひとつ。お林展望公園にあったベンチです。ちょいと不安定。

電車
JR東海道本線の真鶴駅から出発し、ゴールもこの駅です。

バス
半島の大きな道はバスどおりになっていますので、途中でエスケープする場合にはバスが便利です。

関連記事
〔24〕の品川台場の関連記事
 レインボーブリッジからお台場

 

このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ

<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © TOKINOARCH , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム