上野公園から旧岩崎邸、湯島天神、神田明神、湯島聖堂
鶯谷駅から御茶ノ水まで、ゆっくりと東京の下町を巡ります。
ここはお散歩というか、上野界隈の定番コースですね。上野恩賜公園不忍池旧岩崎邸、梅の名所湯島天神、銭形の親分と神田明神湯島聖堂ニコライ堂と見所たっぷり。
途中でおすすめの食堂は「かんだ明神食堂」(地図にのみ掲載)。

夏の暑い日にはちょっとしんどいので、お目当てをしぼっておでかけしましょう。
歩いた日 2007年09月16日
難儀さ   らくちん
時間 約2時間00分
(食事時間を除く)
歩数 約9,400歩
高低 ほぼ平坦
距離 約5.0Km
車椅子 可能
サイクリング 可能
テーマ別の街へ

車椅子の場合のご注意
このコースは比較的高低がありますが、上野恩賜公園は美術館めぐりを兼ねてお出かけしてみてはいかが? 自動車移動が可能なら、湯島天神や神田明神まで十分に足を延ばせます。
ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


  〔01〕
JR山手線鶯谷駅を下車、南口に出ます。
写真のような坂を上っていきましょう。中学校脇にある細い歩道、新坂といいます。
  〔02〕
ほどなく外部にリンクします。東京国立博物館の脇道に出ます。
今日の青空はお見事。白と青と緑のコントラストがとても強い。
上野恩賜公園
    〔03〕〔04〕
(左写真)外部にリンクします。上野恩賜公園の大噴水。(リンク先では[地域で探す]→[台東区]で見つけられます)
(右写真)外部にリンクします。上野動物園の前、人気抜群で賑やかあ。
    〔06〕〔07〕 お散歩アルバム[上野公園]
ともにお散歩アルバムに入れました。見てね!
    〔08〕
不忍池弁財天です。
右写真の鳩は何をしてるんでしょうね。あちこちで同じポーズをしてました。羽を広げちゃって・・・踏まれるよ!
    〔10〕〔11〕
もう彼岸花の季節なんですねえ。池のほとりに数株が咲いてました。
不忍池でボート遊びもできます。
旧岩崎邸
  〔12〕 お散歩アルバム[旧岩崎邸]
外部にリンクします。旧岩崎邸に到着。(リンク先では[地域で探す]→[台東区]で見つけられます)
1896年(明治29)年の完成。当時は、敷地15,000坪に20棟以上の建物がありましたが、今は3棟が残っています。その建築様式の美しさ、内装などを見学できます。
  〔13〕
こちらは庭園からの眺め。庭園にはパラソルがあり、ゆったりくつろげます。


湯島天神
    〔14〕〔15〕
外部にリンクします。湯島天神に到着。
学問の神様・菅原道真公を祀った神社、約300本の梅の木があり、春の梅まつりは大変賑わいます。
右写真は梅の木の木陰から空を覗いてみました。
  〔16〕
あんたナニモノ?
撫で牛ざんす。天神様と牛とは切っても切れない関係があるのだとか。
実は、このコース、隊長は何度も歩いています。正月に、梅の季節に、そして夏にと思い出深いコースなんです。そこでぇ、神田明神の直前まで来たら、お昼としましょう。いつも立ち寄っていた「かんだ明神食堂」。自分で好みのおかずをとり、ご飯とお味噌汁を受け取って、食後に清算するシステムです。
神田明神
  〔17〕
さて、湯島天神さんから、まっすぐに南に歩いて外部にリンクします。神田明神です。家庭円満、縁結び、商売繁昌、事業繁栄などにご利益。日本三大祭のひとつとされる「神田祭」で有名。神田、日本橋、秋葉原、築地魚市場などの108町会の総氏神様。
  〔18〕
おっとお、いわずと知れた銭形平次
野村胡堂の「銭形平次捕物控」に登場する主人公。神田明神下の台所町(でぇどこまち)に住んでいた、ということになってます。その縁でここに碑が建立されました。昭和45年12月のこととか。まーるく囲っているのは銭の形だそうで。
  〔19〕
八五郎、通称「がらっ八」も小さい碑が建立されました。
  〔20〕 お散歩アルバム[末広稲荷]
隊長のお気に入り、末広稲荷です。敷地の裏手にありますが、いつも明るく木漏れ日を抱きながら、朱の趣きをたたえています。 元和二年(1616年)の頃の神社だそうで、庶民信仰の篤い出世稲荷なのだそうで。現在のお稲荷さんは、昭和41年に東京鰹節類卸商組合の有志により再建されたものです。
  〔21〕
まあ、ごちゃごちゃいわんと、わしはいっつもこのポーズなんじゃ。
お疲れえー。
湯島聖堂
  〔22〕
神田明神をあとにして、ちょっと歩けば外部にリンクします。湯島聖堂です。
全体的に黒(black)。屋根が青(青銅と思しき青)。 孔子をまつる学問所です。徳川五代将軍綱吉が儒学振興のために、元禄3年(1690年)に聖堂を創建し、上野忍岡の林家私邸にあった廟殿と家塾を移したのが始まりだそうで。
  〔23〕
こちらは「鬼龍子」。聖堂の大成殿の屋根、四隅の角に鎮座するもの。猫に似て、牙を剥き、腹には鱗、蛇腹・龍腹となっており、鬼龍子(きりゅうし)という。孔子のような聖人の徳に感じいって現れるそうな。
でも、やけに・・・かわいらしい。
    〔24〕〔25〕
なるほど、あの屋根の上にいるやつだな。
ニコライ堂
    〔26〕〔27〕
さて、もうすぐゴールですが、その前にニコライ堂です。
背景の空の下、独特の形状がとても美しい。
くっきりとした窓の形も単純化・様式化されたアート。

JR御茶ノ水駅、または東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅に着いて、今日のお散歩はおしまい。2時間、9400歩でした。

インフォメーション 外部にリンクします。東京国立博物館
○月曜日(祝日・休日の場合はその翌日)、および年末年始は休館です。
○開館は、9:30から17:00(入館は16:30まで)。季節や特別展などの企画開催中には、開館時間が異なる場合があります。
○入館料は、一般600円、大学生400円、高校生以下と70歳以上は無料。その他に団体割引や特別展などの催しにより異なる場合があります。
外部にリンクします。上野恩賜公園
  (リンク先では[地域で探す]→[台東区]で見つけられます)
 また、こちらの外部にリンクします。東京都建設局のホームページからも情報が得られます。
外部にリンクします。旧岩崎邸
  (リンク先では[地域で探す]→[台東区]で見つけられます)
○年末・年始はお休みです。
○開園は、9時から17時。
○入園料は、一般および中学生が400円、65歳以上は200円、小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料です。
○他に年間パスポートがあります。ペットの同伴はできません。保存修理等のため、工事が行われている場合があります。
外部にリンクします。湯島天神
外部にリンクします。神田明神
外部にリンクします。湯島聖堂
○夏季休業と年末休業があります。
○開館は、9時から17時、冬季は16時で閉館です。

電車
JR山手線、JR京浜東北線の鶯谷駅からスタートしました。
上野恩賜公園から歩くなら、上野駅を利用しましょう。

ゴールは、JR中央線、JR総武線の御茶ノ水駅、東京メトロ丸の内線の御茶ノ水駅、または千代田線の新御茶ノ水駅です。


広いエリアなので2枚に分けてみました。

地図その1

地図その2


このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ

<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © TOKINOARCH , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム