飯田橋、神楽坂から江戸川公園、都電荒川線へ
飯田橋駅から神楽坂へ向かいます。毘沙門天(善国寺)に立ち寄ってから、本多横丁界隈を散策。江戸川橋駅そばの子育て地蔵にお参りしてから、江戸川橋で神田川を渡り、江戸川公園、椿山荘、新江戸川公園と緑を堪能しました。
再び豊橋で神田川を渡り、都電荒川線早稲田から乗車。途中の鬼子母神前で下車し、雑司が谷鬼子母神にも参りましょう・・・が、またしても迷子に
歩いた日 2007年05月12日
難儀さ   らくちん
時間 約3時間30分
歩数 約12,300歩
高低 やや高低あり
距離 約5.5Km
車椅子 不向き
サイクリング 可能
テーマ別の街へ テーマ別の公園へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ


  〔01〕〔02〕
  JR総武線飯田橋駅から神楽坂に向かいます。
(写真左)賑やかな商店街の街並みを眺めつつ、上って行きます。
(写真右)駅からおよそ10分ほどで毘沙門天(善国寺)
    〔03〕〔04〕お散歩アルバム[神楽坂]
本田横丁に入ってみましょう。入り組んだ細道にも入ってみてね。石畳の歩道におしゃれなお店。和の粋と伊、仏の風情が混在。
(にゃんこ)おやじニャァ、似合わんかもニョー
やかましい!
  〔05〕
神楽坂界隈から7〜8分で、合格祈願の神様、赤城神社です。
さて、神社を出て赤城坂を下ります。このあたりは、製本や印刷屋さんが多いですね。
  〔06〕
水道町の交差点を左に入れば、地蔵通り商店街
商店街の入口(はじっこ)まで着くと、そこには子育て地蔵尊です。買い物帰りの地元の母子もお参り。
    〔08〕〔09〕お散歩アルバム[江戸川公園]
地下鉄江戸川橋駅の入口、高速の下、と通過して江戸川橋を渡ります。左側の神田川沿いに緑を残す江戸川公園です。 ここまでで、約1時間、04500歩
日陰の下、黒猫。うまく写らんがな、出てこいや。と話しかけても完全無視。
    〔10〕〔11〕
ゆったりと江戸川公園を散策の後、椿山荘冠木門、「かぶきもん」と読みます。ここから椿山荘の敷地内、庭園に入ることができます。
無料、10:00から19:00まで開園。 (開園時間は季節により異なる、との但し書きがあり)
右の写真は、入ってすぐの左手にある樹齢500年の御神木、立派な椎の木です。
  〔13〕
椿山荘を出てほど近くに、関口芭蕉庵
俳人松尾芭蕉が30代半ば、延宝5年(1677年)から同8年の4年間を、現在の関口芭蕉庵に住み、神田上水の改修工事に携わったそうです。土木・水利に長けた人でもあったのですね。
  〔14〕
さらに進むと、胸突坂です。
坂がけわしく、自分の胸を突くようにしなければ登れないことから、江戸の人々は急坂のことを胸突坂と呼んだそうです。
登りきった左手に、旧細川家の下屋敷、現在は永青文庫(えいせいぶんこ)があります。
    〔15〕〔16〕
(写真左)永青文庫です。室町時代の肥後熊本五十四万石の大名であった細川家の下屋敷跡。細川家がここに入ったのは幕末。当家の歴史資料の他、近代日本画や考古品などの蒐集品が展示されています。
(写真右)もう一度、胸突坂に出て、今度は下りましょう。それにしても、きつい坂です。はい。
    〔17〕〔18〕
坂のふもとには、水神社。大きなイチョウが有名です。
右の写真は、入口にある言・聞・見の三猿。
    〔19〕〔20〕
神田川沿いをずーっと歩きましょう。やがて新江戸川公園です。永青文庫の敷地から、このあたりも含めて、細川家の下屋敷の敷地だったのだそうです。
    〔21〕〔22〕お散歩アルバム[飛びますよ〜]
日本庭園ですが、上り下りがあって、森のようにも感じられる、都会の真ん中のオアシス。
  〔23〕
新江戸川公園を出て、豊橋で再び神田川を渡ります。このあたりでも、製本屋さんが多く、パシャン、パシャンとリズムよくお仕事中
大きな通りに出たら右手に都電荒川線早稲田です。
初めて乗りますが、以外に大きいですね。1両でガタンガタン走りますが、世田谷線の1両よりかなり長い車両じゃ。
  〔24〕
三ノ輪行きに乗車。途中の鬼子母神前で下車して、雑司が谷鬼子母神に向かうつもりが、なかなか着きません。お腹も空いてきたし、商店街の和食屋さんでお昼としましょう。
ごちそうさんでした。ところで、鬼子母神はどちらでしょう?
都電で来たの? なら逆よ。都電の踏み切り渡って、向こう側、ケヤキ並木を通っていくのよ。なんでこうなるの、私の場合。
  〔25〕
なるほど、ここか。都電を下車したら、もう見えてるじゃあ、ぬあいかい。まったく。
ランチもしたから、40分ぐらいのロスタイムか?
迷わなければ、都電から2分もかからんでしょうが・・・
    〔26〕〔27〕
長ーいお稲荷。右の写真は大イチョウ。樹齢600年ぐらいかな。今年は明日の5月13日が例大祭だそうです。
都電に戻り、大塚駅前で下車。飯田橋の駅から、およそ3時間半、12300歩のお散歩でした。おしまい。

インフォメーション ■飯田橋駅
駅を出ると、もうよその駅周辺とは異なる雰囲気があります。外壕を渡ればすぐに、お堀に面したイタリア・レストラン「カナル・カフェ」。今回はパスですが。
もちろん、神楽坂の方向は雰囲気で間違いなくわかります。
■東京理科大学
今回立ち寄らなかったもうひとつをご紹介。お堀沿いに西へ向かうと、東京理科大学があります。ここの近代科学資料館もおすすめです。計算機の歴史、微分解析器(?)、昭和35年のコンピュータなどなど・・・
■新江戸川公園
開園時間は、2月から10月までが、午前9時から午後5時まで(入園は午後4時30分まで)、11月から1月までは、午前9時から午後4時30分まで(入園は午後4時まで)、となっています。
年末年始は休園です。
■江戸川公園と新江戸川公園の詳細は文京区のホームページをご参照。
外部リンク 文京区ホームページ のサイト内検索が便利です。

地図 電車
■飯田橋・神楽坂付近
JR飯田橋の他、地下鉄東西線の飯田橋、神楽坂、大江戸線の牛込神楽坂が利用できます。

■2コースに分けてもいいでしょう。
江戸川橋を起点に、江戸川公園、新江戸川公園とめぐるコース。
または、江戸川橋から神楽坂へ向かうコース。

交通図

■雑司が谷鬼子母神
荒川線の停留所付近が建設工事のため、見えにくいのですが、すぐ近くにケヤキ並木がありますので、どこまで行っても見当たらない場合は、方向誤りです。
そんなのは、私だけかもしれませんが。

交通図


このページの先頭へ

ホーム インフォメーション 地図 前のページ 次のページ

<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © TOKINOARCH , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム