渋沢、里から丘陵へ
ついに記念すべき10コース目です。
小田急小田原線の渋沢駅から、里をめぐり渋沢丘陵を歩きます。ハイカーはほとんどいなかったため、たった一人の山道。またしても道に迷いました。人がいくらかでもいた方が安心できるもんですね。つい不安にかられて(どんぐりころころのメロディで)♪「戻ってしまってさあ大変」なのでした。
歩いた日 2006年11月18日
難儀さ   ほどほど
時間 約2時間30分
歩数 約14,600歩
高低 高低あり
距離 約8.3Km
車椅子 不向き
サイクリング 不向き
テーマ別の林へ テーマ別の森へ テーマ別の山へ テーマ別の紅葉へ


ホームへ  本文  インフォメーション  地図      前のコースへ  次のコースへ

  〔01〕渋沢駅で万歩計を00000歩リセットしてさあ出発。
渋沢駅の南口(駅前を工事中でした)から地図をたよりに進みます。途中、テニスコートのあたりなどで富士山が見えるはずなのですが、残念ながら今日はうっすらと雲が広がり、見えませんでした。
写真は最初のわかりにくいポイント【A】です。ここを右に曲がります。
  〔02〕
バラ温室の前を歩いていると、タンクローリーのタンクそのものみたいなものを発見。かなり古い、もう使ってないかも。
  〔03〕
ミカン畑の前で丹沢の山並みと渋沢の町を。
  〔04〕ポイント【B】
ガードレールの終わったところを左に登って行きます。
    〔05〕〔06〕菜の花拡大写真
左写真、【B】を登っているところ。左手にミカンの樹を見下ろしながら。
右写真、登り終えると、のどかな畑に出ます。菜の花が咲いていました。向こうに見えるのは丹沢の山々。
  〔07〕ポイント【C】
畑から降りてきたところです。右に向かいます。
  〔08〕
あれっ、壁面にくっついたカーブミラー。これはこれはお珍シイ。
    左〔09〕ポイント【D】 自治会の看板のすぐそばの交差点。わかりにくいのですが、崖沿いに行ける細い道があります。そこに入っていきましょう。デコボコ道です。
右〔10〕 デコボコ道に入ると、田んぼでした。田んぼの周りは深い木々に囲まれ、黄色や茶色に染まっています。
  〔11〕
泉蔵寺に到着。おそらく毎年春に行われるチューリップ祭りのための花壇なのでしょうね。 それにしても、かなり時間がかかってしまった。迷わないように慎重に来たからな。急ぐか。
    〔13〕〔14〕ポイント【E】
ここまででちょうど1時間経過、06040歩
左写真、桜の里の入口です。右の山道に入って行きます。
右写真、その入口のズームです。道標があるので安心。
  〔16〕ポイント【F】
尾根に出ました
ここからが大変だったのよ。このあとすぐに次〔17〕の別れ道。
  〔17〕
一旦、左の大きい平坦な道を進む。しかし、途中でなんだか不安になって戻る。♪「どんぐりころころどんぶりこー戻ってしまってさあ大変」なのだが・・・。
今度は、右の急坂を登ってみる。やけに急角度だ。これも不安になる。しかし、登ってみる。すると・・・
  〔18〕
(コンベ)タイチョー、迷ってませんかい
鉄塔に出た
しばし思案の末、戻る。
  〔17〕まで戻り、左の道に再度挑戦する。
なあんだ、最初の道でよかったのか、とほほ。

〔19〕頭高山の手前まで出ましたあ。頭高山はぐるりと一週できると思うのですが、この日は左の入口が閉鎖されていました。迷った時間を取り戻したくて、早々に頭高山を後にします。つまり、パスっ
  〔20〕
ここは〔16〕と同じ場所の写真です。そこまで戻ったところです。
1時間半を経過、08900歩
道標には進行方向に「渋沢丘陵」とあります。細いし、急な上りだし、またしても不安だなあ。おまけに、やっぱりだあれもいない。
  〔24〕ポイント【G】
広ーい段々畑。畑の周りをぐるっとまわる見晴らしのいい道です。のんびり歩きましょう。
  〔26〕
あんた、どうしたのお。悩んでんのお?。切り方を間違ったのではないでしょうか。
2時間経過、10500歩。お悩みの木の下は、ランチ・ターイムに丁度良い。
    〔28〕〔29〕お散歩アルバム[やっほー]
里山と段々畑の風景。
この後は、道標が各所にあるので迷わずに帰路につきました。
  〔31〕
喜叟寺(きそうじ)です。梅の木が参道に覆い被さるかのよう。
境内には約90本の梅があるそうです。
  〔32〕
駅近くのコンビニの向かい側にある、おそらく「二階建ての家」です。
どうしちゃったのお? パチリ
    〔33〕〔34〕
駅前商店街のお飾り。地元小学生の作品です。

2時間半をかけた散策、駅に到着して14600歩でした。お終い。
インフォメーション ■感想
○こんなに人がいないとは思いませんでした。オフシーズンとはいえ定番コースなのにねえ。ハイキングは苦手なので、人の背をみて行けばいいと思っていたのですが・・・やっぱり道に迷うんだなあ。

▲このページの先頭へ

ホームへ  本文  インフォメーション  地図      前のコースへ  次のコースへ

<ご注意>
この記事に掲載された各種料金、価格、費用など、ならびに交通手段や経路、周辺の状況、所要時間などは、実際の歩行日あるいは記事執筆時点のものです。 お散歩隊が保証するものではありませんので、必要に応じて各自で最新情報をご確認のうえお出かけください。

地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  おすすめコース  マイコースを投稿する 
あれこれ雑記帳  当サイトご利用規約  情報保護ポリシー  デザインポリシー  よくある質問  サイト運営企業 

Copyright © TOKINOARCH , All rights reserved.


ホームへ
ホーム  地域別  沿線別  テーマ別  全コース一覧  リンク集  お散歩アルバム